スクラップコンテスト2018

第8回沖縄県新聞スクラップコンテスト実施要項

【主催】沖縄タイムス社
【共催】沖縄タイムス販売店会県連合会
【後援】沖縄県 沖縄県教育委員会 沖縄県PTA連合会(予定)
【目的】次世代を担う子どもたちが新聞に触れることを通して、読解力や考える力、書く力を高めるとともに、親子のコミュニケーションを深め、社会とのつながりを育むこと。
【募集期間】2018年9月3日(月)~10月12日(金)必着
【部門】
① ノート部門
ノートやスクラップブックなどで作成、全体を振り返った感想文を添える。
② 切り抜き新聞部門
新聞見開き大(縦82センチ×横60センチ程度)の用紙に複数の記事を貼り、感想を書き添える。 
③ 新聞感想文部門
・ワークシート(学校作成)や画用紙等に1~2本の記事を貼り、感想文を書き添える。(主に小学生)
・A4サイズの用紙に1~2本の記事を貼り、400字詰め原稿用紙3枚以内で感想文を書く。(主に中学生、高校生)
【表彰】各部門に沖縄県知事賞、沖縄県PTA連合会会長賞、沖縄タイムス社社長賞を設け、表彰する(※それぞれ小学校低学年・高学年、中学校、高校の部を設ける)。
学校賞も表彰する。
【応募方法】所定の応募用紙に記入し、作品の裏面に貼る。学校単位もしくは個人で応募する。学校から応募する場合は「とりまとめ表」も記入する。
【応募上の注意】
① 2018年4月1日以降に作成した作品。
② 沖縄タイムスのほか、国内で発行される新聞を使用(日付は問わない)。
③ 作品は返却する(展示会などで使用する場合があります)。
④ 紙面、その他媒体で作品を掲載することがある。
【応募先】
郵便番号900-8678 那覇市久茂地2の2の2 タイムスビル10階
沖縄タイムス社読者局企画管理部「新聞スクラップコンテスト」係
【注意事項】
① 対象は沖縄県内の小学校、中学校、高校、特別支援学校の児童・生徒。
② 一つの作品をグループで制作したものは応募できない。
③ 個々の記事の「新聞名」「日付」を書くこと。

<応募用紙はこちら>リンクをクリックするとダウンロードされます

応募用紙(ワードファイル)

学校とりまとめ票(ワードファイル)

スクラップコンテスト2017開催について

第7回沖縄県新聞スクラップコンテスト実施要項

【主催】沖縄タイムス社

【共催】沖縄タイムス販売店会県連合会

【後援】沖縄県 沖縄県教育委員会 沖縄県PTA連合会(予定)

【目的】次世代を担う子どもたちが新聞に触れることを通して、読解力や考える力、書く力を高めるとともに、親子のコミュニケーションを深め、社会とのつながりを育むこと。

【募集期間】2017年9月4日(月)~10月13日(金)必着

【部門】

①    ノート部門

ノートやスクラップブックなどで作成、全体を振り返った感想文を添える。

②    切り抜き新聞部門

新聞見開き大(縦82センチ×横60センチ程度)の用紙に複数の記事を貼り、感想を書き添える。 

③ 新聞感想文部門

・学校で作成したワークシートに記事を貼り、感想文を書き添える。(主に小学生)

・A4サイズの用紙に1~2本の記事を貼り、400字詰め原稿用紙3枚以内で感想文を書く。(主に中学生、高校生)

【表彰】各部門に沖縄県知事賞、沖縄県PTA連合会会長賞、沖縄タイムス社社長賞を設け、表彰する(※それぞれ小学校低学年・高学年、中学校、高校の部を設ける)。

学校賞も表彰する。

【応募方法】所定の応募用紙に記入し、作品の裏面に貼る。学校単位もしくは個人で応募する。学校から応募する場合は「とりまとめ票」も記入する。応募用紙ととりまとめ票は下からダウンロードできます

【応募上の注意】

①    2017年4月1日以降に作成した作品。

② 沖縄タイムスのほか、国内で発行される新聞を使用(日付は問わない)。

③    作品は返却する(展示会などで使用する場合があります)。

④ 紙面、その他媒体で作品を掲載することがある。

【応募先】

郵便番号900-8678 那覇市久茂地2の2の2 タイムスビル10階

沖縄タイムス社読者局企画管理部「新聞スクラップコンテスト」係

【注意事項】

①    対象は沖縄県内の小学校、中学校、高校、特別支援学校の児童・生徒。

②    一つの作品をグループで制作したものは応募できない。

③ 個々の記事の「新聞名」「日付」を書くこと。

【応募用紙】

1.H29年スクラップコンテスト応募用紙(Word)

2.H29年スクラップコンテスト応募用紙(pdf)

3.H29年スクラップコンテスト学校とりまとめ票(Word)

4.H29年スクラップコンテスト学校とりまとめ票(pdf)

スクラップコンテスト2016開催について

 沖縄タイムス社は、子どもたちが新聞に触れることを通して思考力や書く力を高め、社会とのつながりを育むことを目的に「第6回沖縄県新聞スクラップコンテスト」を開催します。家庭や学校からの幅広い応募を呼び掛けます。

【部門】 

①「ノート部門」=ノート、スクラップブックなどで全体を振り返った感想文を添える

②「切りぬき新聞部門」=新聞見開き大(約82センチ×60センチ以内)の用紙に複数の記事を貼り、感想を書き添える

③「新聞感想文部門」=A4サイズの用紙に1~2枚の記事を貼り、400字詰め原稿用紙3枚以内で感想文を書く(主に中学生、高校生)

※部門ごとに小学校低学年(1~3年生)、小学校高学年(4~6年生)、中学生、高校生に分けて表彰。加えて、今回から学校賞と指導者賞を創設する。

【応募方法】 作品の裏に指定の応募用紙を貼り、学校単位、もしくは個人で応募する

(ダウンローurlは下記です)。

【作品受け付け】 2016年9月1日(木)~10月21日(金) 

郵送もしくは沖縄タイムス本社への持ち込み(受付期間内の平日午前10時~午後5時)。

宛先は〒900-8678那覇市久茂地2の2の2 

沖縄タイムス社読者局「新聞スクラップコンテスト係」

【審査発表・表彰】 2016年11月

【問い合わせ】 沖縄タイムス社NIE事業推進室 

       電話098(860)3618(平日午前10時~午後5時)

       メールtimes-nie@okinawatimes.co.jp

※下記をクリックすると、要項や応募用紙をダウンロードします。

第6回沖縄県新聞スクラップコンテスト実施要項

1.H28年スクラップコンテスト応募用紙(Word)

2.H28年スクラップコンテスト応募用紙(pdf)

3.H28年スクラップコンテスト学校とりまとめ票(Word)

4.H28年スクラップコンテスト学校とりまとめ票(pdf)

2015年第5回沖縄県新聞スクラップ コンテスト

 沖縄タイムス社は、次世代を担う子どもたちが新聞に触れることを通して、読解力や考える力、書く力を高めるとともに、親子のコミュニケーションを 深め、社会とのつながりを育むことを目的に「第5回沖縄県新聞スクラップコンテスト」 を開催します。夏休みの宿題に、授業成果の発表に、家庭や学校からの幅広い応募を呼び掛けます。

部門 (1)「ノート部門」=ノート、スクラップブックなどで全体を振り返った感想文を添える(2)「切りぬき新聞部門」=新聞見開き大(約 82センチ×60センチ以内)の用紙に複数の記事を貼り、感想を書き添える(3)「新聞感想文部門」=A4かB4サイズの用紙に1~2枚の記事を 貼り、感想文を書き添える。
※部門ごとに小学校低学年(1~3年生)、小学校高学年(4~6年生)、中学生、高校生に分けて表彰

応募方法 作品の裏に指定の応募用紙を貼り、学校単位、もしくは個人で応募する。応募用紙は学校に送付、本紙NIEサイトにも掲載(沖縄タイム ス、NIEで検索)。

作品受け付け 2015年9月1日(火)~10月16日(金) 郵送もしくは沖縄タイムス本社への持ち込み(受付期間内の平日午前10時~午後 5時)。宛先は〒900-8678那覇市久茂地2の2の2 沖縄タイムス社読者局「新聞スク ラップコンテスト作品応募係」

審査発表・表彰 2015年12月(予定)

問い合わせ 沖縄タイムス社NIE事業推進室 電話098(860)3618(平日午前10時~午後5時)

  メール:times-nie@okinawatimes.co.jp

 ※下記urlをクリックすると、要項用紙をダウンロードします。

第5回沖縄県新聞スクラップコンテスト実施要項 

学校応募とりまとめ票

応募用紙

 

8月26日紙面:教員向け研修会

 

8月26日紙面:県NIE推進協議会が主催する教員向け研修会「第10回おきなわNIEセミナー」が21日、沖縄市与儀の県立総合教育センターで開かれた。二つの講座に計29人が参加した。教師たちは新聞記事を大量に切り抜いて班ごとに話し合いを重ねながら、「講座1」では小学校の道徳の授業案を綿密に練り上げ、「講座2」では自民党議員らによる報道圧力問題をテーマに、中学、高校などの社会科の「生徒役」として能動的な姿勢で壁新聞を製作した。

教員向け研修会:8月26紙面はここから

批判的思考力 育む・問い 社会を見抜く(第20回NIE全国大会秋田大会)

 

批判的思考力 育む / 問い 社会を見抜く(第20回NIE全国大会秋田大会)の模様です。

 小中学生の学力が全国トップレベルの秋田県で7月30、31日、新聞を使った教育の進め方を考える第20回NIE全国大会秋田大会が開かれた。スローガンは、「『問い』を育てるNIE-思考を深め、発信する子どもたち」。初日は講演や討論があり、「21世紀型学力」としての批判的思考力の重要性や、秋田のNIEで深い学力が養われる理由を明らかにした。2日目の公開授業では、新聞を基に随所で「問う」子どもの姿があり、特別分科会は学力向上と新聞活用の相関を議論した。沖縄から参加した教育関係者は児童、生徒の主体性や多様な実践に目を見張り、「沖縄にも『問い』や批判的思考力を育む潜在力がある」と意欲を高めた。教育面で16日付から7人の感想を詳報する。

8月12日紙面NIE全国大会秋田大会特集:8月12日紙面はここから(特集1)

 8月12日紙面NIE全国大会秋田大会特集:8月12日紙面はここから(特集2)