上阪さんちのNIE(67)5歳児が誤射 妹死亡

Share on Facebook

子どもに銃が必要なの!?

日本はハサミでも大ごと

 アメリカでまた、悲しい事件が起こりました。上阪主税君(13)と妹のきらりさん(12)は、銃社会の大変さを感じたようすです。

5歳児が誤射 妹死亡

■2013年5月3日国際面
 【ニューヨーク共同】米南部ケンタッキー州で4月30日、ライフル銃で遊んでいた男児(5)が、誤って妹(2)の胸を撃ち死なせる事件が起きた。AP通信が5月1日伝えた。使われたのは「マイ・ファースト・ライフル」をキャッチフレーズに、子ども向けに売られている小型のライフル銃で、男児が去年、プレゼントされたものだという。

 

きらりさん▶これ見て。大変!
主税君▶僕もエアー銃を持っているけど、人や動物に向けて撃つことは厳しく禁止されているよ。
きらりさん▶なんで子どもに銃が要るの!
主税君▶男の子は武器や乗り物、強くて速いものが好きだから、欲しくなるんだよ。
きらりさん▶好きだからって、なんでも与えていいの?
主税君▶アメリカは銃社会で、自分の身を守るために必要らしいよ。1人1丁持っている計算だって。
きらりさん▶日本はどうなの?
主税君▶日本は銃刀法っていう法律があって、一般の人が銃を持つことはできません。
きらりさん▶オバマ大統領は対策を考えないと。学校に金属探知機があるのはおかしいよ。
主税君▶那覇空港でハサミが見つかって、1時間30分空港が閉鎖されたよね。学校でハサミが見つかったら授業は閉鎖されるのかな?
きらりさん▶授業が無くなるのはちょっとうらやましいね。

前の記事:
カテゴリ: 未分類