新聞づくり・しくみ学ぶ 久米島 大岳小で授業

Share on Facebook

新聞をめくって気になる記事を探す大岳小の4年生=久米島町山里の同校

 久米島町立大岳小学校(大川実校長)で18日、新聞のしくみを学び、学級新聞づくりに生かす授業があった。沖縄タイムス社読者局の安里努NIE担当を講師に招き、見出しの大きさがニュースの重要度を表すことなどを4年生13人が学んだ。
 国語の単元「みんなで新聞をつくろう」の一環。(1)記事の内容を要約(2)文字の大きさで重要度を表す-という見出しの役割を学んだ後、当日の紙面で気になる見出しを選んで、その理由を隣同士で話し合った。
 2時間目は、運動会や大岳小のいいところなどのグループテーマに沿い、あらかじめワークシートに下書きした記事や見出しを基に模造紙に清書した。見出しを決めるときに何が一番伝えたいことかと話し合う場面も見られた。
 山里昌徹(あきと)君(9)は「見出しには縦も横もあって、横の見出しの方が縦よりも大きなニュースというのが分かった」と話した。

前の記事:
カテゴリ: 未分類