17人全員 新聞載った! 伊平屋小6年 体験や意見投稿

Share on Facebook

 新聞を取り入れた授業に取り組んでいる伊平屋小学校6年生が投稿した17人全員の意見や主張が、1月までに沖縄タイムスなどに掲載された。

新聞投稿で、全員の意見などが掲載された伊平屋小学校6年生17人=同校

 昨年4月からNIEアドバイザーで同小6年生担任の佐久間洋教諭のもと、自由題材で作文用紙1枚程度に自分の意見などを書き、投稿してきた。児童らは自ら体験したことや、新聞などを通して知った世の中の事象に対する考えや意見を書いた。
 大見謝美夢さんは「新聞を使った授業のおかげで文章がたくさん書けるようになった。作文が新聞に載った時は、とてもうれしかった」と笑顔で話した。
 佐久間教諭は、新聞教育で世の中に対する関心が高まり、新聞を読む量が増加したことなどの効果を指摘。「男子と女子が自分の考えで意見するようになり、よく話をするようになった」と継続の大切さを伝えた。
 6年生は、自宅でも親子のコミュニケーションを図り、双方の考えを知る機会をつくることを目的に、気になった新聞記事を取り上げ、意見や考えなど思ったことをノートに書くなど、さまざまな場所で新聞を取り入れた学習を行っている。(國吉由美通信員)

前の記事:
カテゴリ: 未分類