金武教委がNIE研修 小中教員、新聞活用法学ぶ

Share on Facebook

 金武町教育委員会は30日、町内の小中学校教師63人を対象にしたNIE研修会を金武中学校で開いた。日本新聞協会公認NIEアドバイザー4氏がそれぞれワークショップをした。市町村教委が県NIE推進協議会と連携してNIE研修会を開くのは初めて。

ワークショップで、各自が選んだ記事の順位を話し合う参加者=30日、金武町の金武中学校

 4人グループで各自が気になった記事を選んで大きな紙に貼り、ほかのグループの作品に付箋紙でコメントを付け合う「新聞ツイッター」は、記事に順位を付けることで話し合う力を養うのも目的。講師の佐久間洋伊平屋小教諭は「話す力もつき、多様な考え方に触れられる」と効果を説明した。金武小の金城律子教諭(40)は「遊び感覚でできる。クラスでも取り入れたい」と感想を話した。
 道徳の教材になる記事を児童・生徒に選ばせる兼松力大里中教諭のワークショップに参加した島袋京子教諭(28)=金武中=は「自分で記事を選んで発表するのが楽しかった。子どもたちにも楽しさを感じてもらえると思う」と話した。
 甲斐崇県立教育センター研究主事が主に写真を使った実践、仲程俊浩教諭(城北中若夏分校)が慰霊の日の地元紙、全国紙の読み比べを紹介した。

前の記事:
カテゴリ: 未分類