[実践 わたしの活用術](19)コンクールを授業に活用(小学6年・総合的な学習)

Share on Facebook

友の意見 考えるヒント ペアよりグループで

コンクールを授業に活用

比屋根小学校 佐久間洋先生

対象 小学6年生
教科 総合的な学習
指導時間 1時間

【授業の様子】
 比屋根小学校の6年1組の児童が、新聞記事を貼り付けて自分の感想を書いた「いっしょに読もう!新聞コンクール」の応募用紙を取り出した。4人で向かい合ってグループ活動の開始だ。
 佐久間洋先生が「グループ活動で大事なことは何ですか」と問いかけると、「お客さんにならないこと」と大きな返事が返ってきた。主体的に取り組むことを声に出して確認した。
 1人が記事の説明と感想を述べるとほかの3人が記事に対する意見を言う。記事を提示した児童は一生懸命メモを取っている。
 「いつも言っているようにメモを取るときは文で書くと間に合わないよ。大切な言葉だけでいいんだよ」。佐久間先生の助言が響く。ふだんからスピーチなどでメモを取りながら聞くのを習慣にしているだけあって、メモ帳を取り出して友達が発する言葉を書き留めていく。
 障がいのある人の要望で那覇空港新国際線ターミナルに優先席ができるなど改善があったとの記事について「もっと点字板が増えたらいい」「優しい施設を増やしてほしい」などの意見が出て、記事を選んだ子がその意見を受け止めて文章にしていった。

【授業の手順】
(0)宿題
 コンクール応募用紙に新聞記事を貼り、感想を書くことを宿題にする。
(1)目当て、手順の確認
 「世の中の出来事に関心をもとう」という目当てを確認する。次のグループ活動の手順を確認する。
(2)グループで話し合い
 1人が選んだ記事を紹介して感想を言う。ほかの3人はその記事への感想を言う。記事を提示した児童は友人の意見をメモする。以上を全員分繰り返す。
(3)友人の意見を書く
 応募用紙に友人の意見を要約して書く(150字以内)。
(4)自分の考えを書く
 友人の意見を踏まえて考えたことを書く(300~400字)。

 【ねらいとポイント】

比屋根小学校 佐久間洋先生

■ねらい
 社会の出来事に関心を持つこと、さらに友達と話し合うことで出来事への考えを深めることができます。
■ポイント
 45分でやるには話し合いを中心にし、前後にある自分の考えを書く活動は宿題にします。友達の話を聞くときにメモを取るのが不可欠です。
 ペアよりも多くの意見が出て多角的な深まりが出るので4人グループで意見交換しました。

 

 

【関連記事】

いっしょに読もう!新聞コンクール 読み解き 解決策探る

 「いっしょに読もう!新聞コンクール」は日本新聞協会が募集する全国規模の新聞感想文コンクール。友人や家族の意見を聞き取って書き、それを踏まえた自分の意見を書くのが特徴だ。他者の意見を読み解いたり、文章にまとめたりする過程が「言語活動の充実」を具体化する実践といえる。
 国語的な活動であると同時に社会科の授業にもつながるとの指摘がある。福岡県・飯塚市立小中一貫校頴田(かいた)校の柴田康弘教諭は「社会科では判断の分かれる社会問題等について他者との議論を通じて、その解決策や代替策を探るといった授業が求められている」(日本新聞協会発行『NIEニュース75号』から)として、コンクールの仕組みが社会科の授業に援用できるという。
 過去の応募作を見ると、スポーツ記事では応募者の感想以上に議論が深まることはまれで、授業の際には記事の選択に助言が必要となりそうだ。

「実践わたしの活用術」は毎月最終水曜日の「月刊NIE」のページで連載します。

カテゴリ: 未分類