[出前記者]写真集めて新聞身近に 越来小で親子体験

Share on Facebook

 日本新聞協会NIE実践指定校の沖縄市立越来小学校(高江洲実校長)で18日、沖縄タイムス記者の出前授業があり、1年生34人が授業参観に来た保護者と一緒に新聞から好きな写真を集めた。

新聞から好きな写真を切り抜いて集める1年生と保護者=沖縄市立越来小学校

 親子でテーマを決め、紙面から写真やイラストを選んで画用紙に貼り付けた。社会部の具志堅学記者は「1年生でも写真を使って情報を選ぶ力がつき、新聞に慣れることになる」と意義を話した。
 1年生は、題字を貼り付けたり、「かわいい」とテーマの文字を記事で切り抜いたり、自由な発想で作品にした。我謝誠君はかっこいいもの、すごいものをテーマにエイサーやサッカーの写真を収集。母親の愛実さんは「すらすらと写真を選べるものだなと思った。自分で選ぶので手伝いは要らないと集中していた」と感心していた。

前の記事:
カテゴリ: 未分類